ツイート
過去ログが消えてしまうので、ブログに転載しています。
本BBSへの書込みは、ブログその他への転載及び編集に同意したものとみなさせて頂きます。
不同意の方はその旨をご記載又はご連絡下さい。

なお、左上のいいねボタン、Tweetボタンを押して下さると管理人のやる気が出ます。※特に質問者様

誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の書込み、商業・広告目的での利用は禁止です。
これらは、連絡せずに管理人の判断で削除します。
但し、レジュメや基本書の売買等は、自己責任に同意の上で自由です。
また、管理人未回答の質問へのご回答にご協力ください。
なお、ご質問前には短答試験用講座必ずご一読下さい。


独学の弁理士講座BBS

332041
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

特17条の2第5項第3号 Let's Go!!

2020/07/06 (Mon) 14:51:30

1.
17条の2第1項第3号とかの「最後に受けた拒絶理由通知」に対する特許請求の範囲に対する補正についてですが、「誤訳訂正書」での補正はできないのでしょうか?
同情2項では、「誤訳の訂正を目的とするもの」とあり、「誤訳」と「誤記」が分けられています。

2.
それとも、「誤記の訂正」で行うことができるのでしょうか?
126条1項2号では「誤訳の訂正」が明記されているのに17条の2第5項では、除かれているので、意味があり、「誤訳訂正書」による補正はできないと理解しているのですが。

Re: 特17条の2第5項第3号 - 管理人

2020/07/13 (Mon) 18:22:45

最後の拒絶理由通知の指定期間内に提出された誤訳訂正書による補正は可能ですが、通常は目的外補正となります。
ただし、特許請求の範囲に影響を与えなければ、例外的に目的外の誤訳訂正も可能です(下記リンク先の65頁を参照)。
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/kaisetu/sangyozaisan/document/sangyou_zaisanhou/h6_kaisei_2_3.pdf

なお、当該誤訳訂正書による補正が、特17条の2第4項から第6項までの要件を満たさない場合は、補正却下されます(下記リンク先の9頁参照)。
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/patent/tukujitu_kijun/document/index/07_0200.pdf

先願の地位 - 初心の者

2020/06/26 (Fri) 10:38:11

ある発明を特許Aとして出願し、登録査定後特許権Xが発生したが、その後無効審判請求されて特許権X は消滅した。そのあとに発明Aと同一の発明を出願した場合、この出願は、新規性なし(29条①項)の拒絶理由以外に、39条違反(先願要件違反)でも拒絶されのでしょうか?
といいますのは、無効審決確定により特許権が消滅しても、先願の権利は残るから、という理由です。
基本的なことが理解不十分のようで、疑問がわきました。よろしくご教示下さい。

Re: 先願の地位 - 受験生A

2020/06/29 (Mon) 01:38:18

横から失礼します。

その場合、実務上、新規性無しの拒絶理由が解消しないので、拒絶理由の通知がない扱いになるのだと記憶しております(確か審査基準にあったと思います)。
青本にも、39条1項の解説で、’’二以上の特許出願とは、特許を付与すべき状態にある特許出願のことであり、他に拒絶の理由を有する出願は、重複特許の問題は生じないので本条の対象とはならない。’’とあります。
よって後願は他に拒絶の理由があることになります。

なお、(問題文の事実次第では)法律上は39条5項に無効になった場合がないため先願の地位は残りるため、事実から伺われれば、パリ優先権等の事情で新規性の問題が解決したことを検討(擬制)した上で、39条1項違反はあると考えるケースはあるかと思います(よって答案上、どのような拒絶理由があるか?という問いに対しては、どのような場合が39条1項違反かを検討しないといけないこともある)。

また蛇足ですが、おそらく出願公開あるいは広報発行あるでしょうし(無ければ擬制する形で)29条の2も合わせて検討する必要があるかと思います。

よく言われる29条1項2項、29条の2、39条はセットで検討しましょうというやつですね。

Re: 先願の地位 - 管理人

2020/06/29 (Mon) 11:04:07

受験生Aさん、ご協力ありがとうございます。

さて、ご質問の件ですが、受験生Aさんの御指摘の通り、新規性なし(特29条1項)の拒絶理由があれば、特39条の対象とはなりません。
ただし、無効の場合は先願の地位を有しますので、登録公報発行前に出願されており、且つ発明者又は出願人同一で特29条の2の適用がないような場合には、特39条違反(先願要件違反)で拒絶されることもあり得ます。
あり得る例としては、元の出願の分割出願が審査係属中に元の出願に係る特許権の無効が確定したような場合が考えられます。

Re: 先願の地位 - 初心の者

2020/06/30 (Tue) 09:57:58

受験生A さん及び管理人様、ご説明有難うございます。
青本記載の39条1項の解説で、確かに「二以上の特許出願とは、特許を付与すべき状態にある特許出願のこと」であると解説があります。そうしますと、例えば、同一発明同日出願が協議不調・不能で拒絶になった場合には、この出願は先願の地位を持ちますが、拒絶が確定すれば、「特許を付与すべき状態」ではなくなるので、39条違反は適用できないと考えられないのでしょうか?

Re: 先願の地位 - 管理人

2020/07/07 (Tue) 12:20:42

同一発明同日出願が協議不調・不能で拒絶になった先願は先願の地位を持ちます。
その後願は、他に拒絶の理由を有しなければ、特許を付与すべき状態にある特許出願となり、特39条の適用があります。

Re: 先願の地位 - 初心の者

2020/07/07 (Tue) 17:14:45

管理者 様
そうしますと、青本記載の39条1項「二以上の特許出願とは、特許を付与すべき状態にある特許出願のこと」とは、後願が特許を付与すべき状態にあり、先願は大分以前に拒絶確定していて特許を付与すべき状態になくとも39条が適用される、と解釈できますが、このように理解して良いのでしょうか?
文章の表現に余りにもこだわりすぎていて、偏執的になているのかな、という気もしますが、とにかく、ひかかります。 よろしくお願いします。

Re: 先願の地位 - 管理人

2020/07/07 (Tue) 18:44:35

拒絶確定の先願に先願の地位があるのは例外ですので(特39条5項)、そのように理解して結構です。
一般例を言っているだけの部分を気にしすぎですね。

例えば、同日出願(1項)のケースでは、特39条第2項以外の拒絶理由がある場合でも、協議が指令されます。

※リンク先審査基準の8頁をご覧下さい。
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/patent/tukujitu_kijun/document/index/03_0400.pdf

Re: 先願の地位 - 初心の者

2020/07/11 (Sat) 17:57:44

管理人 様
丁寧に解説頂きまして、有難うございます。
今後もよろしくお願いします。

訂正審判、請求について - 初心者

2020/07/02 (Thu) 21:41:53

訂正請求、訂正審判についてご質問させて頂きます。
請求項1:Aを備える装置。
請求項2:Bを備える請求項1の装置。
請求項3:Cを備える請求項1又は2の装置。
とある時に、以下のような訂正は可能なのでしょうか。
請求項1:aを備える装置。※減縮
請求項2:Bを備える請求項1の装置。
請求項3:AとCを備える装置。
請求項1,2は減縮のため訂正可能と思います。
請求項3は「他の請求項を引用する請求項の記載を当該他の請求項の記載を引用しないもの」に当てはまるのでしょうか。「他の請求項」は、訂正前の請求項(A)なのか訂正後の請求項(a)なのかどちらなのでしょうか。。

Re: 訂正審判、請求について - 管理人

2020/07/08 (Wed) 12:28:13

請求項3を「AとCを備える装置」とする訂正は、訂正可能です。
さらに、別の訂正単位とする求めをすれば、請求項1及び2とは別に、訂正を確定させることもできます。

https://www.jpo.go.jp/system/trial_appeal/document/sinpan-binran_18/38-01.pdf

過去問、H29-意匠10-1 Let's Go!!

2020/07/01 (Wed) 22:24:29

「組ものの意匠」(ナイフ、フォーク、スプーン)が、登録意匠で、その構成物品(スプーン)の無断実施が侵害に当たるか否かという問題です。

この問題は「侵害に当たらない」ということなのですが、
ここで、
「組み物とその構成物品が類似の関係にある」
という場合はないのでしょうか?
ラジオの完成品とラジオケースが類似の関係にあるという過去問だか例があったと記憶しますが、
この場合、スプーンに大きな特徴があり、ナイフとフォークが添え物のような組み物があった場合、
類似もあり得ると考えます。

いかがでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: 過去問、H29-意匠10-1 - 管理人

2020/07/02 (Thu) 10:58:21

問題は、「甲が保有する意匠権は「一組の飲食用のナイフ、フォーク及びスプーンのセット」に係る組物の意匠権であるところ、乙はスプーンのみを単体で販売しているにすぎず、ナイフ及びフォークを販売していないので、当該意匠権を侵害しないとの主張。」に理由があるかないかですね
http://benrishikoza.web.fc2.com/kakomon/h29tanto/h29toi30.html

答えが○(理由がある)は原則正しいです。
なお、ラジオの完成品とラジオケースとの形態が類似することはあるでしょうが、物品非類似で非侵害となるでしょう。

ただ、令和元年改正で組物の部分意匠が認められることになりました。
そのため、御指摘のような、スプーンに大きな特徴があり、ナイフとフォークが添え物のような組物の場合に、スプーンの部分意匠であれば、意匠権を侵害しないという主張に理由がないこともあるでしょう。

Re: 過去問、H29-意匠10-1 Let's Go!!

2020/07/02 (Thu) 14:57:41

ご回答ありがとうございました。

ラジオケースの場合は、ラジオの主要部品ということで、物品類似(このケースでは結果として侵害)のようです。

Re: 過去問、H29-意匠10-1 - 管理人

2020/07/03 (Fri) 09:57:05

原則ですが、組物は構成物品全体の統一的美観に創作性(今だと需要者基準で混同しないこと)を要求する制度ですので、統一的美観を構成する部分が要部となります。
そのため、構成物品の一部のみの実施である場合には、要部非同一で非類似となると思います。

Re: 過去問、H29-意匠10-1 Let's Go!!

2020/07/06 (Mon) 14:41:08

ご回答ありがとうございました。

特157条1項、青本の解説 Let's Go!!

2020/07/01 (Wed) 17:33:49

趣旨の説明の2行目以降で、例外的な審判終了について「審判請求の取り下げ」とあります。
これに対して、民事訴訟の対応での説明があります。
ここで、「請求の放棄」とあります。
これは、訴訟を開始した人に関することで、「訴えの請求を放棄する」意味だと思います。
すると、対比のアナロジーとしては、
「審判請求の取り下げ」とほとんど同じ意味と思いますが、青本の説明では、意味が大きく異なるような解説です。
私の理解が間違っているのでしょうか?
ご説明いただけると幸いです。

Re: 特157条1項、青本の解説 - 管理人

2020/07/02 (Thu) 10:34:05

請求の放棄とは、請求者(原告)が、自らの請求について理由がないことを認めて訴訟を終わらせることをいいます。
ポイントは、非請求者(被告)の同意が不要ということです。

例えば、無効審判を請求して、その請求の放棄を認めると、無効か否かを特許庁が判断していない場合でも「無効ではない」という審決と同等の効果が生じます。
これでは、特許制度にはなじみませんので、このような終了事由が存在しないのです。

Re: 特157条1項、青本の解説 Let's Go!!

2020/07/02 (Thu) 14:30:56

詳しい説明のご回答ありがとうございます。
追加質問させてください。
155条2項では、審判の被請求人が「答弁書」を提出した後は、被請求人の承諾がないと審判請求の取り下げができません。
ということは、「答弁書提出までの「取り下げ可能」」は、民訴の「請求の放棄」可能と同じという理解でよいのでしょうか?

Re: 特157条1項、青本の解説 - 管理人

2020/07/03 (Fri) 10:27:32

答弁書提出までの取り下げであっても、審決と同等の効果が生じない点で、請求の放棄とは異なります。

Re: 特157条1項、青本の解説 Let's Go!!

2020/07/06 (Mon) 14:39:39

ご回答ありがとうございました。
取り下げは「副作用がない」と理解できました。
(「放棄」は副作用(=審決、その効果)あり)

意匠法9条の2 Let's Go!!

2020/06/13 (Sat) 20:58:09

「その意匠登録出願は、その補正について手続補正書を提出した時にしたものとみなす」とあります。

しかし、これは、意匠公報等でその法的効果が公示されるのではなくて、個別具体的に、審判官や裁判官がが認定して、審決や判決に導く根拠とされるだけで「対世効はない」、その事件限りの効果である。
(青本の当該箇所からそのように解釈できると思いました)

という理解でよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: 意匠法9条の2 - 管理人

2020/06/18 (Thu) 13:00:30

「一つの事件(たとえば、侵害訴訟)における要旨変更であるとの認定は他の事件(別の侵害訴訟)の裁判官の認定をなんら拘束するものではない。」との記載ですね。
ご理解の通り、要旨の変更であるとの認定について、対世効はないです。

Re: 意匠法9条の2 Let's Go!!

2020/06/18 (Thu) 16:49:24

ご回答ありがとうございました。

特107条2項 国の特許料について Let's Go!!

2020/06/09 (Tue) 14:59:14

下記の質問、よろしくお願いいたします。

条文では
「前項の規定は、国に属する特許権には、適用しない」
ですが、これは、109条の「免除」と考えるべきでしょうか?

質問の趣旨は、66条2項で「納付又は納付の免除(途中略)があったときは、特許権の設定の登録をする」となっているので、
「免除」に該当しないと、
「主体が国の場合は、特許権が設定登録されない」と考えるためです。

Re: 特107条2項 国の特許料について - 管理人

2020/06/10 (Wed) 10:03:33

特109条の免除は無資力者等が対象なので、国は含まれません。
特107条2項自体が免除の規定です。

Re: 特107条2項 国の特許料について Let's Go!!

2020/06/10 (Wed) 19:25:44

そうですね、ご回答ありがとうございました。

短答試験 R1ー特実11-1 関連 Let's Go!!

2020/06/09 (Tue) 14:47:21

お世話になります。本問関連で質問させていただきます。

「先に特許権の全部に通常実施権を許諾した場合に、同じ特許権に後から、専用実施権の設定ができるか?」というテーマですが、答えは「できる」で、
99条でも先の通常実施権の許諾は、第三者対抗できますが、
これは「後からの専用実施権の設定が制限を受ける」と考えたらよいのでしょうか?
というのも、77条2項で「特許発明の実施をする権利を専有する」なので、
「専有するのに、先の通実許諾者には対抗できない」
理解のためです。

ここで、逆に「範囲全部について先に専用実施権を設定した場合」
「後からの通常実施権許諾はできない」
「許諾契約が無効(許諾対象がない)」という理解でよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: 短答試験 R1ー特実11-1 関連 - 管理人

2020/06/10 (Wed) 09:14:15

R01年短答特実問11に関する質問ですね。
https://benrishikoza.com/kakomon/r01toi11/

さて、ご質問の件ですが、通常実施権は、その発生後に専用実施権を取得した者に対しても、その効力を有します(特99条)。
そのため、専用実施権者は、通常実施権者による実施を差止できない点で制限を受けます。

また、専用実施権が設定されている場合、特許権者は通常実施権を許諾できません。
この場合、許諾契約を結んだ者は、錯誤無効等を主張できると思われます。

Re: 短答試験 R1ー特実11-1 関連 Let's Go!!

2020/06/10 (Wed) 19:24:01

ご回答ありがとうございました。

「錯誤無効」ですか、なるほどです。

36条5項後段について Let's Go!!

2020/05/29 (Fri) 22:48:32

お世話になります。ダブルパテントについて、質問させていただきます。

5項後段によると、同一記載の請求項があり得ます。

審査を経て、特許になった場合、2個の同一権利が発生するように思うのですが(185条で引用する27条1項1号)、

そうすると、例えば、2項と3項が同一の場合に、
3項だけ、他者に譲渡して98条で登録すると、二重特許(ダブルパテント)になります。
これは、この登録の時点で、登録不可になるのでしょうか?
登録不可になる条文上の根拠がないように思うのですが?
または、登録になったあとで、123条1項2号(38条違反)の無効理由を、訂正審判で解消する必要があるというようなことになるのでしょうか?

また、特許前で、出願が特許庁に継続している場合に、44条1項の出願分割で、2項と3項が分かれる場合は、
その審査において、39条2項違反の拒絶理由となり、どちらかを削除等しないといけなくなると考えますが、その理解でよいでしょうか?

Re: 36条5項後段について - 管理人

2020/06/01 (Mon) 17:02:47

特許権は分割移転ができませんので(商24条の2に対応する規定がない)、ダブルパテントにはなりません。

また、審査係属中に同一発明に係る請求項を分割出願した場合、特39条2項に該当し、どちらかを削除等しないとい登録されません。

Re: 36条5項後段について Let's Go!!

2020/06/07 (Sun) 16:47:16

大変よくわかりました。どうもありがとうございました。
また、質問文中で「継続」ではなくて、「係属」でした。

Re: 36条5項後段について Let's Go!!

2020/06/07 (Sun) 16:49:39

別件ですが、ブログの引っ越し先の日付が、2023.1.1となってました。単なるカレンダーアプリの間違いと思いますが。

Re: 36条5項後段について - 管理人

2020/06/08 (Mon) 10:34:24

日付の件、ありがとうございます。
特になおすべきものでもないので、そのままにしております。

青本改定チェック - AAA

2020/05/28 (Thu) 10:26:07

青本が21版に改定されました。

Re: 青本改定チェック - 管理人

2020/05/28 (Thu) 16:52:01

そうですね
今回は準備期間があるので、一読するのも一案だと思います

https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/kaisetu/kogyoshoyu/chikujokaisetsu21.html

Re: 青本改定チェック - AAA

2020/05/30 (Sat) 17:46:54

本年度の短答式では、意匠法の得点にばらつきが発生すると予想しています。
特に、改正された建築物、画像、内装の意匠、部分意匠の定義等などを絡めて出題すると、超難問の枝が出現すると想定して、改定された青本のキーワードに基づいて出題箇所を抽出しています。
例えば
1:国会議事堂は、建築物として意匠登録を受けることができる。
2:国会議事堂の議会場は、内装の意匠として登録を受けることができる。
3:国会議事堂の議会場の議長席は、内装の意匠として登録を受けることができる。
3については通常〇としてしまう受験生が多いのでないでしょうか?



Re: 青本改定チェック - 管理人

2020/06/01 (Mon) 16:47:20

3については、内装の意匠の部分意匠として登録を受けることができる場合もあるように思います。

つまり、内装の意匠は、複数の物品等から構成されていることを要します。
しかし、内装の一部について意匠登録を受けようとする意匠登録出願である場合は、意匠登録を受けようとする部分に加え、その他の部分も含めて、本要件を満たしているか否かが判断されます。

https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/design/shinsa_kijun/document/index/isho-shinsakijun-04-04.pdf


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.