ツイート
過去ログが消えてしまうので、ブログに転載しています。
本BBSへの書込みは、ブログその他への転載及び編集に同意したものとみなさせて頂きます。
不同意の方はその旨をご記載又はご連絡下さい。

なお、左上のいいねボタン、Tweetボタンを押して下さると管理人のやる気が出ます。※特に質問者様

誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の書込み、商業・広告目的での利用は禁止です。
これらは、連絡せずに管理人の判断で削除します。
但し、レジュメや基本書の売買等は、自己責任に同意の上で自由です。
また、管理人未回答の質問へのご回答にご協力ください。
なお、ご質問前には短答試験用講座必ずご一読下さい。


独学の弁理士講座BBS

258462
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

特29の2における発明の同一について 初心者

2017/02/11 (Sat) 18:16:07

手持ちの参考資料に、『特29の2の適用では、先願の当初明細書に「断面が六角形の鉛筆」と記載されていれば、その記載から上位概念である「断面が多角形の筆記具」を引用発明として認定できる。』との記載があります。
これは、特29の2では、先願発明と後願発明の両者の発明特定事項に相違点があっても、課題解決のための具体化手段における微差である場合は、両者は実質同一と考えるからなのでしょうか?
どうもよくわかりません。ご教示をお願いします。

Re: 特29の2における発明の同一について - 管理人

2017/02/13 (Mon) 12:18:36

微差だからというよりも、例えば、鉛筆の断面が開示された図面があったとして、「断面が六角形」という絵からは「断面が多角形」という上位概念も読み取れるので、仮に「断面が多角形」という後願があったとしたらば、特29条の2(場合によっては特29条1項3号)で拒絶するということです。

【関連】
「下位概念の後願特許について」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2573.html

Re: 特29の2における発明の同一について 初心者

2017/02/14 (Tue) 23:58:37

管理人 様
ご回答ありがとうございます。「微差」というのはご指摘のとおり変ですね。「多角形断面の筆記具」という上位概念が読み取れれば、特29の2で拒絶できるという意味と理解しました。
これに関連した質問ですが、もし、先願に上位概念の「多角形断面の筆記具」が記載されていれば、後願で「六角形鉛筆」という下位概念で表現された発明は、特39の実質同一の考え方と同じように考えると、特29の2の適用により、後願は拒絶されないと思うのですが、間違っていないでしょうか?

Re: 特29の2における発明の同一について - 管理人

2017/02/15 (Wed) 12:13:11

正しいです。
先願に上位概念で表現された発明と、後願で下位概念で表現された発明とは同一ではないので、後願は特29条の2では拒絶されません。

Re: 特29の2における発明の同一について 初心者

2017/02/16 (Thu) 23:13:45

管理人様
いつもご回答有難うございます。

短答レジュメについて質問 初心者

2017/02/15 (Wed) 00:14:08

2月になって、短答レジュメ2017年版の提供が開始されたとありましたが、本年(H29年)の短答本試に適する短答レジュメは、2017年版あるいは2016年版のどちらが良いのでしょうか? 購入を考えていますので、教えて下さい。

Re: 短答レジュメについて質問 - 管理人

2017/02/15 (Wed) 12:14:30

ご検討いただきありがとうございます。
2017年版をご注文ください。

【関連】
「短答用レジュメ2017年版提供開始」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2606.html

特164条2項の補正却下について - 超初心者

2017/02/12 (Sun) 15:38:29

審判請求時の補正が17条の2第3項から6項までの規定に違反する時は、準用する53条1項の規定により補正却下されるという認識ですが、164条では、特許査定をする場合を除き、補正却下してはならないとされています。164条2項の規定は審判請求と同時の補正は除かれているのでしょうか。基礎的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

Re: 特164条2項の補正却下について - 管理人

2017/02/13 (Mon) 12:24:31

除かれていません。
つまり、審判請求時に補正があると、前置審査に移行します。
このとき、「審査官」は、特許査定をする場合を除き、補正却下できません(特164条2項)。
そして、審判に移行した後で、「審判官」が補正却下することになります(特159条1項で準用する特53条1項)。

【関連】
「審判での補正却下に対する不服申し立て」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2565.html

再審での職権審理について 初心者

2017/02/04 (Sat) 11:04:41

問題「特許異議申し立てにおける確定した取消決定に対する再審では、審判官は当事者・参加人の申立ない理由についても職権で審理できる。」この問題に対する回答資料では、正解は、「正しい」となっていましたが、職権審理できないのではないでしょうか?
理由は、特174①で、特153①を準用していないからです。 ご教示のほど宜しくお願いします。

Re: 再審での職権審理について - 管理人

2017/02/06 (Mon) 14:55:30

特174条1項で特120条の2を準用しているので、「正しい」でよいかと思います。

【関連】
「再審と職権審理」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2052.html

Re: 再審での職権審理について 初心者

2017/02/06 (Mon) 21:41:01

管理人 様
特120の2を準用していることを見落としていました。特174②、③、④では特153①は不準用なので、拒絶査定不服審判、無効審判、延長登録無効審判、訂正審判の確定審決に対する再審では、申立てない理由について職権審理不可と理解しました。どうも有難うございました。

商標5④項の物件の提出について 初心者

2017/01/30 (Mon) 16:39:17

商標審査基準(改訂12版)の5条について次のような記載があります。「国際商標登録出願の商標では、物件は国際登録簿に添付する手続きがないことから、日本国を指定する領域指定時には、当該物件が添付されていないため、商標5⑤を適用し当該物件の提出を促すこととする。」
これは、具体的には、商5⑤違反は拒絶理由(商標15条3号)であるので、商標68の28①の規定により拒絶理由通知(商標15の2)に対する意見書提出期間内に行うことのできる補正として、物件を提出することになるのでしょうか?
よくわかりませんので、ご回答宜しくお願いします。

Re: 商標5④項の物件の提出について - 管理人

2017/01/31 (Tue) 12:05:25

物件の提出は、商68条の28第1項の規定により暫定的拒絶通報において指定された期間に、暫定的拒絶通報への応答として提出できるようですので、ご理解は正しいと思われます。
http://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/madopro_qanda.htm#a11-2

【関連】
「マドプロで拒絶査定後に補正できる場合」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2362.html

Re: 商標5④項の物件の提出について 初心者

2017/02/02 (Thu) 18:48:23

管理人 様
いつもご回答有難うございます。

意匠の専用実施権について 初心者

2017/01/23 (Mon) 17:44:31

少し長いですが、問題文を記載します。
「甲は意匠イの創作者、乙は甲から意匠イを知って冒認出願Aをして、意匠権の設定登録を受けた(過誤登録)。その後乙は、丙に専用実施権Bを設定し、その登録がされ。
その後、甲は意26の2①により乙に意匠権の移転請求して、移転登録された。
丙は、移転登録の際、善意にその意匠の実施の事業をしていれば、意29の3の法定通常実施権が認められる。」質問ですが、丙の専用実施権は登録されているので、甲に対して転得者対抗要件を具備すると考えて、丙は甲に対して専用実施権を主張できないのでしょうか? もし、丙の専用実施権が認められれば、法定通常実施権は必要なくなると思いますが。
ご教示のほど宜しくお願いします。

Re: 意匠の専用実施権について - 管理人

2017/01/25 (Wed) 15:01:21

意26条の2第3項により、移転の登録があったときは、その意匠権は、初めから当該登録を受けた者に帰属していたものとみなされます。
そのため、丙の登録された専用実施権は、無権原者による設定登録ですので、その専用実施権は無効になる(無権原者による移転登録と同様)ものと思われます。

よって、丙は甲に対して、その専用実施権では対抗できないと解します。

【関連】
「冒認出願に対してとり得る措置」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1906.html

Re: 意匠の専用実施権について 初心者

2017/01/26 (Thu) 19:01:18

管理人 様
無権限者により設定登録された意匠権に基づく専用実施権は無効になる、ということで納得しました。
どうも有難うございます。

在外者の特許管理人の特例について 初心者

2017/01/16 (Mon) 18:39:00

特184の11⑧が適用された場合(正当理由により、翻訳文の提出を省令期間内にした場合、特184の11②項から⑦項までは適用しないと規定されてます。)、特許管理人の選任と長官への届け出はどのようになるのでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

Re: 在外者の特許管理人の特例について - 管理人

2017/01/17 (Tue) 14:56:22

特184条の11第2項~第7項までは適用されませんので、選任した特許管理人が翻訳文と同時に代理人選任届を提出することになると思われます。

【関連】
「改正後の特許管理人の選任届出期間」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1682.html

Re: 在外者の特許管理人の特例について 初心者

2017/01/17 (Tue) 18:27:29

管理人 様
ご回答有難うございます。本質問のような状況では、特許管理人の選任届は、いつ提出すれば良いのかわからなくて質問させて頂いた次第です。

過去問H24-57-イ Lets'Go!

2017/01/12 (Thu) 20:03:56

本問ですが、変更した場合には、特46条4項で取下げみなしになるので、「いかなる場合も」という題意に対しては、☓と考えますが、そういう推理を回避するにはどうしたらよいでしょうか?
また、44条①項3号で分割した場合は、できなくなりはしないでしょうか?

Re: 過去問H24-57-イ - 管理人

2017/01/13 (Fri) 12:02:01

H24問57枝イは、「拒絶査定不服審判を請求する者が、その責めに帰することができない理由によりその査定の謄本の送達があった日から3月以内に請求をすることができないときは、その期間の経過後6月以内でその理由がなくなった日から14日以内であれば、いかなる場合であっても、拒絶査定不服審判を請求することができる。」
ですが、ここで出願を放棄・取下した場合を考慮したら、問題として成立しないですよね?(つまり簡単すぎる)

よって、題意としては、特121条2項を問うているのだと推測するのです。
とはいえ、「いかなる場合も」を素直に読めば、×でもよいとは思います。

【関連】
「H24年短答試験問57」(http://benrishikoza.web.fc2.com/kakomon/h24tanto/h24toi57.html

Re: 過去問H24-57-イ Lets'Go!

2017/01/13 (Fri) 13:16:24

早速の、ご丁寧な返信ありがとうございます。
なお、44条分割の場合は、原出願が内容が変わっていますが(拒絶理由のないものを別出願として、別の審査対象とすることで生き筋を追及し、削除補正で、問題の項だけを残す場合等)、もちろんできる。
ということでよいでしょうか?(確認質問です)

Re: 過去問H24-57-イ - 管理人

2017/01/13 (Fri) 14:32:47

特44条7項の規定に基づく特44条1項3号の分割をした場合でも、親出願は係属していますので、親出願について審判請求は可能です。

Re: 過去問H24-57-イ Lets'Go!

2017/01/13 (Fri) 18:05:40

管理人様

どうもありがとうございました。
特44条7項分割まで、指摘いただき、考えの枠が広がりました。

商標取消審判への参加について 初心者

2017/01/04 (Wed) 16:24:56

商標の取消審判には、参加は認められているのでしょうか? 5つの取消審判がありますが、商標56①で特148を準用しているのが根拠条文でしょうか?
ご回答のほどよろしくお願いします。

Re: 商標取消審判への参加について - 管理人

2017/01/05 (Thu) 12:15:40

商標登録の取消審判には参加できます。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan-binran_16/57-00.pdf

根拠条文は商56条1項で特148条1項を準用しているからでしょう。

【関連】
「特148条について」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1932.html

Re: 商標取消審判への参加について 初心者

2017/01/07 (Sat) 17:44:28


管理人 様
どうも有難うございました。
特許法の準用や読替準用規定について、余りみていないので、時々、疑問が涌きます。

特許法のパリ優先に関する質問です 初心者

2016/12/26 (Mon) 23:27:16

特43の2は「パリ条約の例による優先権主張」の規定ですが、なぜ、「パリ条約の例」というのでしょうか?
直接「パリ条約による優先権主張」と記述するのは、まずいのでしょうか?
毎度ながら基本的な(それとも変な)質問でしょうが、H26改正条文を調べていて、疑問が起こりました。ご回答のほど宜しくお願いします。

Re: 特許法のパリ優先に関する質問です - 管理人

2016/12/27 (Tue) 12:16:47

改正前の特43条の2は、TRIPS協定の要請に基づく優先権について規定していたため、「パリ条約の例による」と書かれたのだと思います。

なお、改正後の特43条の2も特許法条約の要請に基づく規定です。

【関連】
「パリ優先と拡大先願(取下擬制)」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2566.html

Re: 特許法のパリ優先に関する質問です 初心者

2016/12/29 (Thu) 21:17:30

管理人 様
いつもご回答有難うございます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.