ツイート
過去ログが消えてしまうので、ブログに転載しています。
本BBSへの書込みは、ブログその他への転載及び編集に同意したものとみなさせて頂きます。
不同意の方はその旨をご記載又はご連絡下さい。

なお、左上のいいねボタン、Tweetボタンを押して下さると管理人のやる気が出ます。※特に質問者様

誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の書込み、商業・広告目的での利用は禁止です。
これらは、連絡せずに管理人の判断で削除します。
但し、レジュメや基本書の売買等は、自己責任に同意の上で自由です。
また、管理人未回答の質問へのご回答にご協力ください。
なお、ご質問前には短答試験用講座必ずご一読下さい。


独学の弁理士講座BBS

263683
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

直前期の学習方法のご相談 - Lets'Go!

2017/05/13 (Sat) 13:36:37

模試等でもまだ、やっと30点レベルで、一番のネックが特実です。後ろから解いていくので、特許20問に1時間を切る残り時間となり、いつも5問位残ります。つまり、55問解答して、25問は間違えていて、特実は10点台に乗りません(5点~7点)。自己採点・間違い理解にも時間がかかります(問題練習の不足でまだまだとは思うのですが)。
この場合、下三法のスピードアップで特実の時間確保が必要とは考えますが、特実の間違い問の復習ということもありますが、一般的に予備校の講師等は、直前期は条文読み込みを勧めますが、条文読み込みと直近問題演習(問題なれ)を6:4位で取り組むしかないかなと考える所ですが、何か特実のアップにつながるアドバイスをいただけないでしょうか?
まだ、問題自体を読んでしまうレベルで、一枝平均10秒は困難です。時間がかかる問題は、大体、時間をかけた割りにまちがいが多いので、後回しとか解かないというのも駆使してますが、何分、解答に時間がかかっています。まだ、さっと解ける沸点にまで到達してないのが問題とは考えますが「やはりこればかりは致し方なし」でしょうか? 
よろしくお願いします。

Re: 直前期の学習方法のご相談 - 管理人

2017/05/15 (Mon) 14:48:29

全問回答できないのは問題です。

思い切って、条約と著作権を捨てる(ほぼ勘で回答)のはどうでしょう。
足切りがあるので賭けになりますが、得点源になる科目を優先すべきと考えます。
 
【関連】
「短答式試験合格の秘訣」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1912.html

Re: 直前期の学習方法のご相談 - Lets'Go!

2017/05/15 (Mon) 19:40:22

斬新なアイデア、どうもありがとうございます。結局自動車の運転と同じで「いつの間にか、できるようになった(えーとーと、一々考えてやってるうちは、まだまだで、勘というか反射神経レベルでの対応)」域にまだ達していないのが問題ということのようです。

参照URLの「「要件」「効果」への注意した条文読み込み、問題のテーマの意識」は改めて必要と思いました。
下三法は、悲しいかな、今の所、30点の主要得点源で手放せない所があります。できるだけ、全ての方法?を駆使してやってみます。

Re: 直前期の学習方法のご相談 - Lets'Go!

2017/05/18 (Thu) 17:35:25

本日、ご教示いただいたことも加味して、あらゆるテクニックを使う考えで、H27年の本試を解いてみましたが、時間内に解き終えられました。他の方はともあれ、私の場合は、これは、奇跡的です。最も、枝が早く切れる感じが出てきて、時間ロスが少なくなりつつある感じです。今までは、切れないので、全枝を読む感じでした。点数も45点で、前回H28年度本試再現が、5問残して、37点だったのと比べると、自分としては進歩のようです。
しかし、これは、問題練習もしてきているので、本当は、もっと早くもっと多く正解しないといけないのでしょうけれども「H27年の基準では合格できるな」と思えたのが収穫でした。
解いている中で「条文とおりじゃないか」とか「条文を少し変えているな」という感覚が少し出てきました。
こういう感覚がヒットにつながると思えました。
問題を解く場合も、できるだけ短い文から読んだりと、いろんな技を駆使してますが、条文読み込みは大切と思えました。H27年度本誌は25問いくつあるか問題ですが「比較的やさしい」予備校講評でした。

あと残すところ2日で、過去本試で喜んではいけないですが、おかげさまで合格レベルあと一息の感じを持てました。いままで回答対応どうもありがとうございます。
続けて、宜しくお願い致します。
とりあえずですが、ご報告しておきます。

Re: 直前期の学習方法のご相談 - 管理人

2017/05/19 (Fri) 12:06:00

ご報告ありがとうございます。
あと少し、頑張って下さい。

Re: 直前期の学習方法のご相談 - Lets'Go!

2017/05/22 (Mon) 20:18:55

本年の解答速報は、LECが3問誤答で、TACは5問誤答、LECとTACで、答えが違った問題が7問(条約と不著でそれぞれ、2、3)が相違でしたので、過去問では対処できない、新作が不著で多くむつかしかった。ということのようです。
ページ数は昨年64ページに対して、67ページと多く、H26、27年が61ページだったのからすると、ページ越え問題が2年前以降より、確実に6問多くなっており、
いくつあるかが17(H28、14)問、組合わせ回答が4(1)問、穴埋めが1(1)問
大体、55点が最高点(5問は予備校講師弁理士が誤答なので除いて)で、落第点38点とのマージンは17点と考えます。
総じてむつかしかったということではないでしょうか?

特120条の3、同一の特許権 - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 22:39:49

特185条では、準用されていません。ということは、この条文の「特許権」は請求項ごとではなくてよい。つまり、
甲が第1項にして、乙が第2項に異議申立てした場合も併合されるということでしょうか?
当事者対立構造でもないし、特許庁は「まとめてめんどうみまっせ」という感じでしょうか?

Re: 特120条の3、同一の特許権 - 管理人

2017/05/18 (Thu) 14:50:57

その通りです。
つまり、同一の特許権に複数の特許異議の申立てがあったときは、特許異議の申立てがされる請求項にかかわらず、特別の事情がある場合を除き併合されます。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan-binran_16/67-07.pdf

【関連】
「特185条」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2247.html

Re: 特120条の3、同一の特許権 - Lets'Go!

2017/05/18 (Thu) 17:18:55

ご回答ありがとうございました。

あとから、特154条の場合で考えればよく、また、132条(請求項ごと)との違いをしっかり認識すればよいと思い至りました。

再審事由について - 迷走中

2017/05/17 (Wed) 18:27:20

再審について、ご意見を戴ければ幸いです。

特104-4にて、
「訴訟の終局判決が確定した後に、当該特許の無効審決が確定したときは、当該訴訟の当事者であった者は、当該終局判決に対する再審の訴えにおいて、当該審決が確定したことを主張することができない」
ことになるかと思います。

一方、特125の青本には、
「特許権侵害の罪により有罪の判決の言渡をした事件についても後にその特許が無効になれば再審事由となるのである。」
と記載されています。

この点、再審事由にできるかどうかの線引きがはっきりしないのですが、どのように理解したらよいのでしょうか。

なお、民訴338①VIII、刑訴435①Vでも、判決の基礎となった行政処分が後の行政処分によって変更になれば、再審の訴えが可能かと思います。

Re: 再審事由について - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 21:44:16

本件に関しては、私は、刑事事件での有罪の場合は、適用がないと学んでいます。ご参考まで。

Re: 再審事由について - 迷走中

2017/05/17 (Wed) 23:42:00

Lets'Go!さん
コメントありがとうございます。
私も某予備校の講義でそのように学びました。

例えば、特104-4の規定ができた理由として、訴訟の蒸し返し防止(既判力、紛争解決機能、企業経営の安定性の確保)と説明がされています。
その一方で、下記の論文を読みますと、この条文ができたことにより論点が生まれたのではないかとも感じています。
http://www.senshu-u.ac.jp/School/horitu/publication/hogakuronshu/111/kojima.pdf

Re: 再審事由について - 管理人

2017/05/18 (Thu) 12:11:40

Lets'Go!さん

回答へのご協力ありがとうございます。

さて、特許侵害の罪を問われる刑事訴訟の場合「特許法違反被告事件」などとよばれるので、特104条の4の「特許権侵害訴訟等」とは異なるものと思われます。
よって、再審事由にできることになるわけですが、線引きとしては刑事訴訟には適用がないと覚えておけばよろしいかと思います。

【関連】
「再審理由の主張制限」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2384.html

44条3項、4項の違い - Lets'Go!

2017/05/16 (Tue) 19:58:24

ご対応いつもありがとうございます。
直前期で、質問密度が高くなっていてすみません。
適宜の解答で結構ですので、よろしくお願い致します。

どちらでも、43条2項の手続きが記載されています。

この違いですが、
3項:原出願で優先権主張をしてない場合で新たに優先権主張する場合の手続
4項:原出願で優先権主張をしている場合の効果
という理解でよいでしょうか?

Re: 44条3項、4項の違い - 管理人

2017/05/17 (Wed) 14:32:51

違います。
原則として、分割出願においても優先権証明書を提出しなければならないところ(特44条3項)、手続きの簡素化のために例外的に提出擬制する(同4項)という法律構成になっているため、例外だけを残して原則を削除するようなことをしていないということです。

【関連】
「特許法44条3項」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1917.html

Re: 44条3項、4項の違い - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 15:25:35

本件は、優先権証明書の提出の問題であって、
優先権主張主張手続き(43条1項)や、優先権主張出願時期(43条の2)の問題ではない点の理解をしっかりさせないといけないとわかりました。

時期に関しては、あと、翻訳文の提出が外書の分割出願の場合は、2ヶ月以内でないといけない等、細かく区別して覚えておく必要がある点、レベル高と思います。

どうもありがとうございました。

46条の2で、実案の訂正が出願当初範囲を超えていた場合 - Lets'Go!

2017/05/16 (Tue) 18:29:46

二以上の請求項の一つにした訂正が、当初範囲を超えていた場合、特許出願の審査において「その請求項だけ、出願時遡及をしない」ということになるのでしょうか?

その場合、一つの特許権において、存続期間が請求項毎に異なるということになるでしょうか?
(あまり考えませんでしたが、41条の国優の場合も、遡及しない請求項に関しては、同じ扱いで、煩雑に思いますが、そういう実務でしょうか?)

Re: 46条の2で、実案の訂正が出願当初範囲を超えていた場合 - 迷走中

2017/05/17 (Wed) 02:34:35

二以上の請求項の一つにした訂正が当初範囲を超えていた場合について、実用新案では実体審査をしませんので、登録にはなりますが、実37条第1項7号(実14条の2第3項違反)の無効理由が存在することになると思います。
また、特46条の2の規定により特許出願をした場合であっても、特17条の2第3項(新規事項追加)の拒絶理由を受けることになりますので、そのまま特許になるとは考えにくいです。仮に特許になったとしても、特123条第1項1号の無効理由が存在することになります。

特41条の国優であろうと、新規性・進歩性の判断時が遡及するだけであり、存続期間は出願日から起算されます。

Re: 46条の2で、実案の訂正が出願当初範囲を超えていた場合 - 管理人

2017/05/17 (Wed) 11:58:24

迷走中さん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、実用新案登録に基づく特許出願の明細書等に記載した事項が、その特許出願の基礎とされた実用新案登録に係る実用新案登録出願の出願当初の明細書等に記載した事項の範囲内でない場合は、実用新案登録に基づく特許出願は、現実の出願時にしたものとして扱われます。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/tukujitu_kijun/06_0300.pdf

その結果、通常は、その特許出願の基礎とされた実用新案登録の登録実用新案公報を引例とする新規性不備を理由に拒絶されます。
なお、特41条の国優の場合は、新規性・進歩性の判断時が遡及するだけです。

【関連】
「H22問6枝5」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2204.html

Re: 46条の2で、実案の訂正が出願当初範囲を超えていた場合 - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 15:03:39

ご回答ありがとうございました。

「出願時がいつか?」に関しては、請求項単位ではなく、全体で判断される点。
特許出願の拒絶なので請求項単位ではなく、出願単位になる点。
国優は、全体として新規性・進歩性の判断時や「出願の日(出願公開の起算日)」が先の出願日になる点、あらためて、理解しました。

等、しっかり理解できました。

特・出願、分割・変更できる主体について - Lets'Go!

2017/05/16 (Tue) 17:59:07

この主体ですが、「原出願の出願人」とのことです。
この場合、「承継したものはできない」と読むべきでしょうか?
「出願の瑕疵も承継している」という立場からは「できる」だと考えますが、「そこまでは許さない」ということもあるのかなと考えます。
オリジナルレジュメ、予備校の講師等の資料にもありません。気になって質問します。

Re: 特・出願、分割・変更できる主体について - 管理人

2017/05/17 (Wed) 12:02:22

出願を承継した者も分割・変更できます。

【関連】
「出願人名義変更」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-746.html

Re: 特・出願、分割・変更できる主体について - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 12:49:49

出願人の名義変更という実体法におけるジャンルがあるということで「いつでも別途の厳格な手続きでできる」ということで、承継人もできる点、確認できました。

どうもありがとうございました。

過去問H23-53-3について - 迷走中

2017/05/17 (Wed) 01:24:31

訴訟係属中と審査継続中の関係性について、悩んでおります。

H23-53-3「補正却下決定不服審判の審決取消訴訟が裁判所に係属している場合であっても、当該意匠登録出願の願書又は願書に添付された図面について補正をすることができる。」という設問に対して、正解は○となっています。
この設問について、本サイトにて「長年、受験界においては、・・・補正却下決定不服審判が請求された後でその審決が確定する前には、補正をすることができないとされていました。本枝は○とされていますが、この定説に逆らうものです。そこで、特許庁に確認してみた所、補正却下決定不服審判の請求後、審決謄本の送達前までは、願書に添付された図面の補正をすることができる、との回答を得られました。・・・結局、本問については、補正却下決定不服審判の審決取消訴訟が裁判所に係属している場合であっても、意匠登録出願の願書は補正できるので○ということのようです。」との解説を拝見しました。
特許庁の回答もなにやらズレている気がします。
一方、某予備校の解説では「訴訟係属中も審査には係属しているから」との説明がありました。おそらく意17条の2第4項を根拠にしているのではないかと理解しています。
このような理解でいかがでしょうか。
間違い等ご指摘いただけますと幸いです。

なお、似たような感じの問題として、H27-18-1「意匠登録出願人は、その意匠登録出願の拒絶すべき旨の審決に対する訴えが裁判所に係属している場合に、その意匠登録出願を分割することができる。」という設問があり、こちらの正解は×になっています。
この設問については、青本の意10条の2のところに明記されていました。

Re: 過去問H23-53-3について - 管理人

2017/05/17 (Wed) 11:59:26

ご回答にご協力いただいたので優先的に回答します。

さて、現在の受験界の定説では、「補正却下決定不服審判が請求された後でその審決が確定する前でも補正できる。」です。
私は、私見として、これとは反する立場を取っています。
出題時にどちらを選択するのかは、受験生の自由であると思います。

ただし、意17条の2第3項とは異なり、意17条の2第4項による中止の間、合議体又は当事者はその事件に関する手続を続行することができません。
(なお、中止中にされた手続は違法であるが受継可能・・・そういう意味では補正可能)。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan-binran_16/26-01.pdf

したがって、私は、補正できないものと解釈しております(試験問題であるなら少なくとも違法行為は「できない」と解する)。

【関連】
「H23年短答試験問53」(http://benrishikoza.web.fc2.com/kakomon/h23tanto/h23toi53.html

Re: 過去問H23-53-3について - 迷走中

2017/05/17 (Wed) 12:25:21

ご回答、ありがとうございました。
現在の定説は変わったのですね。

しかしながら、審判便覧を見ますと、管理人さんのご指摘も尤もと理解しました。

審判便覧中で引用されている「方式審査便覧 05.11」を考慮して、当然に無効となるものではないということから、補正可能としているのかもしれませんが、それでも疑義を生じる設問のような気がします。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/binran_mokuji/05_11.pdf

特14条 - Lets'Go!

2017/05/13 (Sat) 13:16:36

「二人以上が共同して手続きをしたときは、特許出願の変更、放棄及び取下げ...」とあります。
ここで、「特許出願の変更」の読み方ですが、
これは、
「特許出願から異法域(意匠、実案)への出願の変更」と読むべきではないかと常々考えますが、その理解でよいでしょうか?
予備校の講師は、これは、46条の事で、異法域の出願を46条で特許出願に変更する場合と回答します。
しかし、その読み方だと、後の「放棄及び取下げ」が「特許出願の放棄、特許出願の取下げ」なので、
つながらないと考えるのですが、いかがでしょうか?

Re: 特14条 - 管理人

2017/05/15 (Mon) 14:43:51

私も、「特許出願から異法域(意匠、実案)への出願の変更」と読むものと考えます。
理由として、「特許出願の変更」という用語は特9条でも用いられており、ここでは「実用新案登録に基づく特許出願」が別途挙げられています。
仮に「特許出願の変更」という用語を「異法域の出願を46条で特許出願に変更する場合(特許出願の制限)」と解すると、特14条で規定されていない「実用新案登録に基づく特許出願」は単独で行えることになり不自然であるからです。
なお、特38条があり、特許を受ける権利が共有に係るときは、各共有者は、他の共有者と共同でなければ、特許出願をすることができないので、異法域の出願(又は実用新案登録)を特許出願に変更することはできません。

【関連】
「補正が不利益行為な理由」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2204.html

Re: 特14条 - Lets'Go!

2017/05/15 (Mon) 19:32:04

ご回答ありがとうございました。意を強くしました。

なお、46条の2出願は、予備校の講師のレジュメによると、列挙されてない分割出願の場合と同じで、第38条により、全員でないとできないとのことです(同じ出願手続きにおける話ではないので、列挙されていない)。

また、14条の冒頭第1文の「二人以上が共同で手続をした場合は、」が9条にはないので、14条と少しシチュエーションが違い、「庁に係属中でなく、「共同でした手続き」が終わっていて、係属が終わっている」ので、よっこらしょと新たに初めから出願するイメージのため「列挙されてないのだ」と理解しています。

ご回答の「なお」以降は、理解できませんでした。

Re: 特14条 - 管理人

2017/05/16 (Tue) 11:36:33

よく分かりませんが、私の理解では、特44条、特46条、特46条の2で規定する出願では、第38条により、共有者全員でないとできないです。
そのため、特14条で特46条だけを別途規定する意味はなく、また特14条は拒絶理由ではないので、特46条だけを特14条で制限すると解釈すると脱法行為ができてしまいます。

Re: 特14条 - Lets'Go!

2017/05/16 (Tue) 14:22:42

ご回答ありがとうございます。

先の私のコメントは、「出願の変更」が、9,14条に列挙されているのは、「特許出願を実質放棄する不利益行為のため」ということで、管理人様の考えと同じです。
「では、異法域からの変更が列挙されていないのはなぜか?」論点が出ると考えますが「特許だけは格が上(実案、意匠からの変更と比べて)」という感じではないでしょうか?

「また、14条」以降は、46条の2の話です。
考え方として、38条違反で拒絶できるものは、列挙するまでもないということで、44条、46条、46条の2のすべてがないことが説明できます。
これらから、「出願の変更」が46条の変更でないのは、明らかと理解できます。

あとは、9条で「44条、46条を挙げてないのは、なぜか?」ですが、44条は「分割は補正の1種だから挙げてない」説明が成立すると考えますが、46条は、原出願の「取下げみなし」があって不利益だが「「出願形式の種類」を誤った修正なので、出願中の補正の一種(また、格上への出願変更でもある)として認める」が、
46条の2は、実案が設定登録で権利化されていて、
「それを放棄しての特許出願」なので、9条で列挙している。
という理解でいけるのではないか?と思いました。
よろしくお願いします。

Re: 特14条 - 管理人

2017/05/17 (Wed) 12:08:07

特46条を挙げてないのは、単に、実案から特許への変更(特46条1項)は実2条の5で準用する特9条で、意匠から特許への変更(特46条2項)は意68条で準用する特9条で読めるからだと思いますが。

Re: 特14条 - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 12:23:05

特46条の不列挙の理解、なるほどとよくわかりました。
どうもありがとうございました。

特44条1項3号、1号 - Lets'Go!

2017/05/16 (Tue) 16:48:25

分割できる時が、3号と1号で重なる時があります。
1号で、拒絶査定不服審判の請求と同時にする場合です。この場合、3号にも該当しますが、
この場合、「一度査定を受けているから、3号補正の場合の補正制限(分割直前の)を受ける」とするべきなのか?
1号の場合の、出願当初の明請図の範囲でできるのでしょうか? 
(「補正できる時だから、査定を受けていても、まだ確定していないから、出願当初まで可能」)

のどちらでしょうか?

Re: 特44条1項3号、1号 - 迷走中

2017/05/17 (Wed) 02:18:52

分割出願の時期的要件の1号は「補正ができる時又は期間内」であり、3号は「拒絶査定の謄本送達から3月」です。
おそらく1号の「補正ができる時又は期間内」に関して、17条の2第1項4号が重なると考えられているのかと思います。

分割出願は、拒絶査定不服審判と一緒に行う必要がなく、審判請求をした後であっても、3号の期間内であれば可能です。
これに対し、補正ができるのは拒絶査定不服審判の請求と「同時」のみです。すなわち、分割出願と審判請求(+補正)を同時に行った場合には1号が優先適用されますが、同時でない場合又は審判請求をしない場合には3号適用となります。

また、補正ができる時又は期間内にした分割出願(特44条第1項1号)が、出願当初の明請図の範囲でできるのは、「分割直前の明細書」から「出願当初の明細書」に補正することができるためです。審査基準をご覧ください。

なお、前置審査での特許査定や、審判から差し戻された後の査定の場合には分割出願はできません。

Re: 特44条1項3号、1号 - 管理人

2017/05/17 (Wed) 07:04:26

迷走中さん

回答へのご協力ありがとうございます。
ご解説の通り、審判の請求と同時の場合(特17条1項4号)、出願当初明細書等の範囲から分割可能です。

【関連】
「H22問6枝5」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2252.html

Re: 特44条1項3号、1号 - Lets'Go!

2017/05/17 (Wed) 12:16:35

迷走中さん、管理人様、回答どうもありがとうございました。

17条3項1号 - Lets'Go!

2017/05/13 (Sat) 13:54:48

8条除外で、特管人違反を除いています。
1.この場合は、補正命令ではなく、18条の2の弁明書提出の機会を与える(弁明不備なら却下)。ということですが、その時点で、願書の出願人を特管人に補正することができるのでしょうか?
それとも、この問題は補正可(出願時確保)の問題ではない、重たい問題なので「願書の出し直し(出願時繰り下がり)」ということになるのでしょうか?

理解としては、「意見書提出期間は補正ができる(50条ケース)」が、「弁明書提出期間は補正ができない」というような理解になるでしょうか?

2.補正できないとすると、7条1項で未成年者や成年後見人が手続きをした場合は、17条3項1号で補正命令の対象としていることと、バランスを欠いてますが、在外者には厳しいということでしょうか?

Re: 17条3項1号 - 管理人

2017/05/15 (Mon) 15:08:18

補正できないのでどうしようもないですね。
特許管理人(代理人)によって手続きをし直すしかないと思います。
なお、特許出願は特許管理人によらずに行うことができます(特施令1条)。

特7条1項の場合、特16条で追認できるので比較できません。

【関連】
「短答式試験合格の秘訣」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1912.html

Re: 17条3項1号 - Lets'Go!

2017/05/15 (Mon) 18:49:53

ご回答ありがとうございました。

特許庁から期間指定されて許されるのは、意見書、答弁書、弁明書とありますが、
対策との関係では、下記と理解しました。
意見書:補正、答弁書:訂正、弁明書:なし(弁明の可否のみ)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.