ツイート
過去ログが消えてしまうので、ブログに転載しています。
本BBSへの書込みは、ブログその他への転載及び編集に同意したものとみなさせて頂きます。
不同意の方はその旨をご記載又はご連絡下さい。

なお、左上のいいねボタン、Tweetボタンを押して下さると管理人のやる気が出ます。※特に質問者様

誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の書込み、商業・広告目的での利用は禁止です。
これらは、連絡せずに管理人の判断で削除します。
但し、レジュメや基本書の売買等は、自己責任に同意の上で自由です。
また、管理人未回答の質問へのご回答にご協力ください。
なお、ご質問前には短答試験用講座必ずご一読下さい。


独学の弁理士講座BBS

367143
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

商標4①15号について - 初心の者

2021/10/18 (Mon) 08:24:59

商標4①15号が適用される場合、商標には周知著名性が要求されるはずですが、15号の条文には、この要件が記載されていません。何か理由があるのでしょうか。
以前から疑問に思っていたのですが、ご教示をお願いします。

Re: 商標4①15号について - 内田浩輔

2021/10/19 (Tue) 16:52:27

審査基準にもある通り、広義の混同「の他人と経済的又は組織的に何等かの関係がある者の業務に係る商品等であると誤認し、その商品等の需要者が商品等の出所について混同するおそれがある場合」も、15号が適用されます。

このとき、周知著名な商標であっても、不使用商品・役務の分野では、当該商品・役務の出所を表示する商標としては周知著名ではありません。
よって、総括条項となるように、他人の商標(標章)との混同ではなく、業務との混同として定義したものと思われます。

https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/trademark/kijun/document/index/24_4-1-15.pdf

訂正の請求書の提出先 - 左近寺

2021/10/19 (Tue) 03:36:15

異議申立又は無効審判における訂正の請求書について、120条の5 9項及び134条の2 9項で131条1項が準用されているため、これらは特許庁長官宛に提出するものという理解でおります。
ただ、特許庁の訂正の請求書の雛形を見ると長官宛ではなく審判長宛となっています。なぜでしょうか?

無題 - きゃほ

2021/10/18 (Mon) 15:36:55

ぃつもみにすかーとをはいてるみんにょかのりんんん★ともうしまつ。
やっぴー★
みためわちゅうせいてきだょといわれまつ。
ぉとこだけどぉんにゃのこのかっこうだいすきでせいしんもぉんにゃのこなのでつ★
きゃわいいぉんにゃのこ、とうきょぅであそびませんか。
ほかのぉとこょりたのしませまつ★
かのぢょもほしいにゃ★

防護標章登録の権利範囲 - 初心の者

2021/10/03 (Sun) 17:53:12

例として、甲が通常の商標登録出願X(商標α、指定商品イ)をした後、乙が同じ商標α、指定商品イの防護標章登録出願Yをしたとします。出願Xと出願Yは8条違反ではないので、両出願が登録された場合、甲が専用権の範囲の使用(登録商標α、指定商品イ)をしても、乙の商標権の侵害にはならないのでしょうか?
ご教示の程宜しくお願いします。

Re: 防護標章登録の権利範囲 - 内田浩輔

2021/10/04 (Mon) 10:05:50

まずは、みんなで創る弁理士試験短答用レジュメの商標法第64条をご覧ください。
https://t.co/yW61ntmZ0q?amp=1

ご質問にある通り、他人である甲の登録商標と後発的に混同するようになった場合でも防護標章登録を受けられます。
しかし、この「他人」とは、防護標章登録がなされたら、その商標を適法に使用できなくなる者をいいます。
従って、既に防御標章の範囲に別の商標権が設定されている場合、その商標権者である甲も他人には含まれず、適法に使用を継続できます(青本)。

Re: 防護標章登録の権利範囲 - 初心の者

2021/10/07 (Thu) 18:36:55

管理人 様
短答レジュメの該当部分を読ませて頂きました。すでに、目を通して読んだ部分のはずですが、理解不足で知識として定着していませんでした。
いつも回答頂き感謝しています。

特許権の発生について - 未熟者

2021/10/04 (Mon) 03:11:13

2つほど質問失礼します。

1. 特許出願の日というのは方式審査を通過した日が出願の日となるのでしょうか。それとも、最終的に方式審査を通過した書類を特許庁長官に提出、または補正して提出した日でしょうか。
2. 出願公開は単に特許広報に掲載されるだけなのでしょうか。例えば、出願審査請求は、特許広報に掲載された後でないとできないなどの他の手続きなどとは関係ないのでしょうか。

稚拙な文章で申し訳ありません。ご教授頂けると幸いです。

Re: 特許権の発生について - 内田浩輔

2021/10/04 (Mon) 10:36:32

1.原則として、特許出願の日は、特許出願に係る願書を提出した日です(特38条の2第1項)。
例外として、例えば、補完命令(特38条の2第2項)が出た場合、手続補完書を提出した日が特許出願の日となります(特38条の2第6項)。

2.出願公開(特64条)がなされると、いわゆる拡大された先願の地位(特29条の2)が発生します。
また、保証金請求権(特65条が)発生します。
あとは、出願公開の請求ができなくなります(特64条の2第1項第1号)。

なお、出願から三年以内であれば、出願公開の有無に関わらず、審査請求をすることができます(特48条の3第1項)。

Re: Re: 特許権の発生について - 未熟者

2021/10/05 (Tue) 08:02:38

内田浩輔様

ご丁寧にありがとうございます。
理解することができました。

意匠権の効力範囲 - 初心の者

2021/09/16 (Thu) 09:49:26

意匠権の効力は、登録意匠及び登録意匠に類似する意匠に及びますが、公知意匠が類似範囲にある場合、この公知意匠には意匠権の効力は及ばないと思い。この根拠は何条に規定されているのでしょうか?
意36条で、特69条②項を準用していますが、これが根拠条文なのでしょうか?
ご教示の程宜しくお願いいたします。

Re: 意匠権の効力範囲 - Let's Go!!

2021/09/23 (Thu) 17:00:33

拝見しました。
横からですが、公知意匠というと、

出願前の公知意匠の問題ですよね?
であれば、3条1項3号(17条1号)拒絶の問題であり、

後から判明したのならば、無効理由の問題だと思います(3条1項3号(48条1項1号))。

なお、公知意匠が、未登録意匠の実施の問題ならば、学習机事件で、26条の適用の勿論解釈の問題だと思います。

Re: 意匠権の効力範囲 - 初心の者

2021/09/25 (Sat) 10:04:09

Let's Go! 様

貴重なコメントを頂きまして、有難うございます。私の質問の意図は、審査においては、意匠の"同一の範囲"(類似範囲に対する用語として、ネットでみましたので、この語を使います)のみが審査対象となり、出願意匠の類似範囲は審査対象でない。ところが、登録されると、当該意匠権の効力は類似範囲まで及ぶ(意23)。そうしますと、出願前に公知の意匠として存在していたものが、当該意匠の登録後には、第三者が権原無くこの公知意匠を実施すると侵害となる。これは、衡平の原則に悖るのではないか?と、思いますが、如何でしょうか。

Re: 意匠権の効力範囲 - Let's Go!!

2021/09/25 (Sat) 21:01:30

そういう公知意匠があったということは、その公知意匠とは同一ではないけれども出願意匠が類似ということだと考えますが、

その場合、3条1項3号で拒絶されるはずだし(17条1号)、
拒絶にならずに登録になったとすると、今度は、無効理由(48条1項1号)になります。

Re: 意匠権の効力範囲 - 内田浩輔

2021/09/28 (Tue) 08:40:14

Let's Go!!さん
ご協力ありがとうございます。

さて、見落としており回答が遅くなりましたが、ご質問の件については、公知意匠の抗弁というものがあります。

これは、意匠権の権力範囲に公知意匠及び公知意匠に類似する意匠は含まれないので、過誤登録された意匠権に基づく権利行使は、その意匠権を無効にするまでもなく、認められないという抗弁です。

従来は、無効審判を請求するという負担を負うことなく抗弁できることから、意味がありました。
現在では、無効の抗弁をすることができるので、無効審判を請求できないような特殊な事例に限定して主張するものと思われます。

なお、過誤登録が原因ですので、根拠条文は意3条1項各号となります。

Re: 意匠権の効力範囲 - 初心の者

2021/10/01 (Fri) 15:20:49

管理人 様
Let's Go!! 様
ご回答ありがとうございます。
商標法26条の「商標権の効力が及ばない範囲」の規定に対応する規定が意匠法にはないのだろうかと疑問に思ったのが始まりで、本質問をさせて頂きました。
考え過ぎの部分があって、混乱していたかもしれません。重ねてお礼申し上げます。

拒絶理由に関する - 審査官はいかに!

2021/09/23 (Thu) 18:09:47

いつもお世話になっております。
さて、請求項1~3で、請求項2,3が1に従属している特許請求の範囲において、第1回目の拒絶理由通知で、請求項1については、29条1項1~3を通知し、請求項2,3は29条2項を通知した場合、出願人が請求項1について、新規性を有するように請求項1を補正し、請求項2,3を補正しない場合、審査官は第2回目の拒絶理由を通知することなく、29条2項で拒絶査定できるのでしょうか?

Re: 拒絶理由に関する - 内田浩輔

2021/09/28 (Tue) 09:03:32

できるかできないかと問われると、第1回目の拒絶理由通知が特50条の2の規定による通知を伴うものであり、且つ補正要件違反を理由に特53条で補正却下をすれば、特29条2項(及び特29条1項各号)で拒絶査定できます。

まぁ、ご質問はそういうことではない原則論ということでしょう。
まず、条文上は、一項でも拒絶理由が残っていれば、拒絶査定(特49条)ができます。
しかし、今回の場合、請求項1に進歩性の不備という拒絶理由が新たに見つかっておりますので、最後の拒絶理由を通知するのが通常であると思います。

なお、通常は、審査官が特29条1項各号と特29条2項の拒絶理由を併せて通知します。
私の経験ですが、審査官がうっかり特29条2項の併記を忘れたようで、ご質問のような事例で特29条2項で請求項1が拒絶査定されたことがあります。

Re: 拒絶理由に関する - 審査官はいかに!

2021/09/28 (Tue) 15:44:05

ご回答ありがとうございます。
大変貴重なアドバイスで、頭が下がります。
すでに、中間対応していますので、査定がでたら、報告させてもらいます。
今後ともよろしくお願いいたします。

要約書の職権修正について - 左近寺

2021/09/23 (Thu) 10:25:44

特64条3項には、要約書を職権修正できる旨の記載がありますが、外国語要約書面について職権修正できる旨の規定はあるのでしょうか?

Re: 要約書の職権修正について - Let's Go!!

2021/09/23 (Thu) 17:04:51

横からですが、

36条の2第8項で、「要約書」と擬制しているので、そこで、読むのではないでしょうか?

Re: 要約書の職権修正について - 左近寺

2021/09/27 (Mon) 20:06:26

Let's Go!!さん

確かにその通りですね。基本的な部分でした。
ご回答ありがとうございます。

問合せ - →→→→

2021/09/03 (Fri) 00:05:59

突然の書込み失礼致します。
ソフトウェアの会社で雑用係をしておりました。
今はバイトをしていて、時間の制約は有るような無いような感じです。
何か資格を取得したいですが、40過ぎているのでどうしたものかと思案しております。
知財業界については右も左も分からない状態です。
悩んでいても仕方ないので、とにかく手を動かしてみることにしました。
しかし、調べているうちに疑問や質問も出てくるだろうし、
そんなときにどうしたら良いか分からないという問題もあります。

そこで、当BBSを利用させて頂こうと思いました。

で、本題なのですが、個人的な都合で申し訳ありませんが、
データの管理のために質問文に<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/Extensible_Markup_Language">XML</a>に似たタグを書いても問題ないでしょうか

例えば、以下のような記述となります。

[114 ]テスト [/114]

(問題があるようでしたら、本書込みの削除をお願い致します)

尚、これも真に勝手ながら、返信は即答が難しい状態で遅れがちになると思いますが、御容赦頂ければと思います。

以上、よろしくお願い致します。

投稿管理番号: 60481,33891

Re: 問合せ - 管理人

2021/09/06 (Mon) 12:06:04

お返事が遅くなりましたが、
タグを書いていただいても大丈夫です。

実質的同一 - 初心の者

2021/08/17 (Tue) 08:15:20

特39条で問題となる、「発明の実質的同一」の3番目の「単にカテゴリー表現上の差異」の例で、「物の発明であるか」と「方法の発明であるか」、との差異とあります。
物の発明と方法の発明は、その技術的内容が相当異なっていると思いますので、ここの部分が理解できません。
例を挙げて解説して頂けますと、非常に助かります。
ご教示のほど宜しくお願い致します。

Re: 実質的同一 - 管理人

2021/08/24 (Tue) 09:15:20

特実審査基準の「第III部第4章先願 3.2.1(ii-3)」についての質問ですね。
同項には、「単なるカテゴリー表現上の差異(例えば、表現形式上、「物」の発明であるか、「方法」の発明であるかの差異)である場合」と記載されています。

分かりやすいのは、プロダクトバイプロセスクレームですかね。
例えば、「Aの方法により製造されたZ」という、生産物Zの発明が出願された場合に、「Zを製造するAの方法」が先願発明であるような場合です。

あとは、「コンピュータをAの方法により制御するプログラム」と、「コンピュータを制御するAの制御方法」等も、実質的に同一と判断されると思われます。

Re: 実質的同一 - 初心の者

2021/08/30 (Mon) 14:51:05

管理者 様
分かりやすい例を挙げて頂き、有難うございます。
例を見て理解できました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.