ツイート
過去ログが消えてしまうので、ブログに転載しています。
本BBSへの書込みは、ブログその他への転載及び編集に同意したものとみなさせて頂きます。
不同意の方はその旨をご記載又はご連絡下さい。

なお、左上のいいねボタン、Tweetボタンを押して下さると管理人のやる気が出ます。※特に質問者様

誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の書込み、商業・広告目的での利用は禁止です。
これらは、連絡せずに管理人の判断で削除します。
但し、レジュメや基本書の売買等は、自己責任に同意の上で自由です。
また、管理人未回答の質問へのご回答にご協力ください。
なお、ご質問前には短答試験用講座必ずご一読下さい。


独学の弁理士講座BBS

315088

審決の予告について - けっこうなベテラン(受験生)

2019/10/03 (Thu) 15:22:08

 いつもお世話になっております。

 特許法施行規則50条の6の2について、以下の疑問点があります。
①なぜ、153条2項にげんていされているのか?
②2回目の審決予告に対して、訂正請求は認められ ないのか?

 以上、ご教示の程よろしくお願い申し上げます。

Re: 審決の予告について - 管理人

2019/10/08 (Tue) 13:53:56

特施則50条の6の2第3号についてのご質問であると判断します。

①まず、訂正の機会を与える必要が無いときは審決の予告を省略できます。
そして、特施則50条の6の2第3号においては、審判請求時に申し立てられていたが、先の審決の予告に判断を記載しなかった無効理由によって無効であるとの心証になった場合を、審決の予告をする場合の一つとして定めています。
ここで、特153条2項に関しては、当事者又は参加人が申し立てない理由によって審判の請求に理由がある(無効である)と認めるときですので、訂正の機会を与える必要があります。
同様に、審決の予告をしたときまでに当事者若しくは参加人が申し立てた理由であって、先の審決の予告に判断を記載しなかった理由によって無効であるとの心証になった場合にも、訂正の機会を与える必要があるので審決の予告をします。

②訂正の機会を与える必要がある場合に審決の予告をしますので、2回目の審決予告に対しても訂正請求は認められます(特164条の2第2項)。

Re: 審決の予告について - けっこうなベテラン(受験生)

2019/10/14 (Mon) 08:42:09

 大変分かりやすいご解説を頂き、ありがとうございます。
 整理できていなかった部分が、すっきりと整理できました。

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.