ツイート
過去ログが消えてしまうので、ブログに転載しています。
本BBSへの書込みは、ブログその他への転載及び編集に同意したものとみなさせて頂きます。
不同意の方はその旨をご記載又はご連絡下さい。

なお、左上のいいねボタン、Tweetボタンを押して下さると管理人のやる気が出ます。※特に質問者様

誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の書込み、商業・広告目的での利用は禁止です。
これらは、連絡せずに管理人の判断で削除します。
但し、レジュメや基本書の売買等は、自己責任に同意の上で自由です。
また、管理人未回答の質問へのご回答にご協力ください。
なお、ご質問前には短答試験用講座必ずご一読下さい。


独学の弁理士講座BBS

263683

意匠、17条で、第6条違反がないこと Lets'Go!

2017/03/20 (Mon) 20:34:15

特49条4号では、第36条6項違反、4項1号違反(記載要件違反)は、拒絶理由としています。
しかし、意匠では、第6条を拒絶理由とはしていません。
これは、意68条2項で準用する特17条3項2号違反を理由として補正命令を出して、補正命令に従わない場合、準特18条で「出願」手続の却下になるので、「実質上の拒絶査定としている」という理解でよいでしょうか?

一連に関してですが、特許法でも、36条の要件違反から、「17条3項2号の補正命令」、その後で「18条による出願却下」のルートもあり、「拒絶」も「却下」も、特許庁の実務上の言葉であり、出願人にとっては、同じような性質と考えられますが、この位の理解でよいのでしょうか?

Re: 意匠、17条で、第6条違反がないこと - 管理人

2017/03/23 (Thu) 14:49:54

間違っています。
意6条3,4,6,7項違反の場合、意匠が具体的なものでとして(意3条1項柱書違反)拒絶されるからです。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/isyou-shinsa_kijun/5.pdf

【関連】
「意3条1項柱書と補正命令」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-1464.html

Re: 意匠、17条で、第6条違反がないこと Lets'Go!

2017/03/23 (Thu) 19:20:19

準特17条3項2号違反を理由として補正命令を出して、補正命令に従わない場合、準特18条で「出願」手続の却下を出すのは、主体が特許長長官ですから、方式審査に限られ、実体審査になると審査官が担当して、補正命令を出したり、拒絶査定をすると理解しました。
第6条違反の場合、第3条違反ということで、意17条1号該当ということで、拒絶査定になると理解しました。

どうもありがとうございました。

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.